About


<< 「Drop In the Secret Garden」 とは >> 

1日だけ現れる「萌木の園<もえぎのその>」という架空の園の中で行われる、西洋/東洋の幻想雑貨系即売会です。

年に数回、お祭りの時期だけ開放されますが、この園はとにかく争いごとがとっても苦手。 そのため、「武器」や「防具」の商いは固く禁じられています。
魅惑品<エンチャント>と呼ばれる品々を携えて、優しい光のもとに、異なる世界から商人や旅人がやってきます。

萌木の園にいる間だけ発動する、不思議な現象<リターン・エンチャント>。
時間と共に商人の軒先から、魅惑品が少しずつ変化していくとか。

まるで固く閉じた花のつぼみが、いつの間にか喜びと共に開くように。
雨の妖精の仕業か、はたまた晴れの妖精の悪戯か。それはその場にいる人しか分からない体験。

散策に疲れたら、しばし憩いの場で休みながら、魅惑品を愛でてもいいでしょう。
心地よいそよ風が流れ、森の澄んだ香りに癒されながら、妖精の不思議な揺らめきの光が垣根の中から舞い降りる。そんな小さな出来事が、よき散策の思い出になるかもしれません。

「風」を感じ
「香り」を愛で
「空に浮かぶ木々の姿」を見あげると
貴方の手中にある手鏡は輝きを放つことでしょう。

温かみの慈愛に満ちあふれる萌木の園へ。貴方も一度、遊びにきてみませんか?